「寒暖差疲労」って?

「寒暖差疲労」って聞いたことありますか?

季節の変わり目や一日の気温差が大きいと
自律神経が乱れ
心や体に影響が出てしまいます。

私たちの身体は、寒い時は体温を上げ、
暑い時は汗をかいて体温を下げるなどの
調節機能が備わっています。

この調節機能を司るのが自律神経です。

自律神経には、身体を活動的にする交感神経と
リラックスさせる副交感神経のふたつがあり、
うまくバランスをとりながら身体を維持して
います。

しかし、この自律神経は自分の意志で
コントロールすることが出来ません。
ちょっとしたストレスでバランスを
崩してしまうのです。

季節の変わり目の気温差や、気圧の変動などで
ストレス反応が起こり、交感神経が興奮した
状態が続きます。

その結果、疲れやだるさを感じたり心の不調
を引き起こす。これが「寒暖差疲労」なのです。

季節の変わり目を健康に過ごすためには、
自律神経のバランスを崩さないように
心がけることが大事。

対処法としては、
食事・軽い運動・睡眠・リラックス。

朝食をしっかりとる事。そして一日の食事は
タンパク質やビタミンB群を意識して摂取
するといいそうです。

運動は軽いウォーキングが最適。
家の近所を30分ほど散歩するのもいいですね。

睡眠時間は6.5時間から7.5時間が理想と
いわれています。
寝る前の1時間はパソコンやスマホを
使わないように!

一日の中でリラックスする時間を作るのも
大切です。

照明を落として静かな音楽を聞いたり、
家事や仕事の合間に5分ほど目を閉じて
深い呼吸をするのもおすすめ。

当店でのヘッドマッサージは
もっとおすすめ!(笑)

自律神経が乱れないよう、日々の生活を
見直してみるといいかもしれません。

セラピスト 宮里

ドライヘッドスパゆるりらセラピストです。
恥ずかしがり屋で人見知りなところもありますが、誠実に、ていねいにお客様に接したいと考えています。
施術前にカウンセリングをしっかり行い、頭痛、肩首こり、睡眠など、それぞれのお客様のお悩みにあわせた施術を行います。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近のお知らせ

最近の記事

最近のコメント

    PAGE TOP